家族で祝う金婚式!お祝いの定番や相場金額とは?

スポンサードリンク

結婚50周年という大きな節目。

ともなると、夫婦二人でというよりも、家族や親戚、

あるいは夫婦を慕っている友人・知人など。

周囲の皆さんが、盛大にお祝いしてくれることでしょう。

身近な人達にお祝いをしてもらう、お祝いをするのも良いものですよね~!

自治体によっては、

合同で金婚式の祝賀会を毎年開催しているところも

あったりします。

人生の中でも大きなイベントですから、

金婚式にちなんだプレゼントや、お祝いの方法も

世の中には沢山あるはず!

いろいろ調べてみましたよ~!

スポンサードリンク

金婚式の歴史

日本大百科全書によると、

もともと結婚式を祝う風習はドイツで始まり、

その後ヨーロッパ全域に広まりました。

こちらの記事では、

さもイギリスが発祥かのようにお話してしまったのですが、

間違ってしまいました ^^;

1624年に銀婚式が。

1860年には、金婚式が初めて行われたそうです。

主に父母や祖父母のために、子どもや孫が祝賀会を開き、

招かれた人は、金婚式の象徴の「金」にちなんだ品や

対になっているプレゼントを贈ります。

そして、金婚式を迎えた側は、

金のスプーンや、お祝いのお菓子などの引き出物を用意して

みんなに配るというのが、ヨーロッパでの風習です。

日本でも祝うようになったのは、

明治27年、明治天皇の「大婚25年祝典」が始まりとされています。

いくつもの記念日がある中で、

結婚25年目の銀婚式、50年目の金婚式を

盛大に祝うようになったのは、

明治天皇の銀婚式がきっかけと言われています。

日本では、イギリス式を採用しており、

15年目までは1年単位、以降は5年単位でお祝いします。

金婚式のお祝いといえば



家族や親族で開くのか?

はたまた、友人知人も招くのか?

これは、家庭によって様々ではありますが、

食事会を開く人は多いですね。

ブライダル関係のサイトにも、

結婚記念日用のプランが沢山掲載されています。

そして、ウエディングドレスや和装を着てお祝いする、

「感謝式」を開く家庭も、意外と多いんです。

四季を開催してから後日、

結婚式当時の写真と感謝式の写真を並べて

1つのフォトフレームにしてプレゼントするのも素敵ですよね!

贈り物としては、

金婚式の象徴である「金」があしらわれた品が

定番になっています。

二人と縁のある人々からの、

お祝いメッセージが刻まれているオルゴールや、

メッセージを添えた似顔絵や感謝状なども人気。

オルゴールやメッセージカードに、

金があしらわれていても良いですよね!

二人の名前が刻まれた夫婦箸や、

湯飲みなどの名入れギフト。

形を保つブリザーブドフラワー、

時計や、デジタルフォトフレームなど。

今までの二人の歴史に敬意を払い、

これからも末永く時を刻み続けてほしい、

というような、願いが籠ったプレゼントは如何でしょうか?

金婚式のお祝いの相場


家族の金婚式

一般的な相場は、20,000~30,000円ですが、

これは、周りのかたが開いてくれる食事会やプレゼントとは別に

「お祝い金として贈る」

ということ。

お祝いする人の人数にもよるでしょうし、

「金婚式は、こうでなくてはならない」

ということはありませんので、

お祝いの規模や内容は、家庭によって様々です。

金婚式を迎える二人は、

お祝いしてくれる人が無理をするようなことは

望んでないでしょう。

普段、仕事などで会えない人が会いに来てくれるだけでも

そうとう嬉しいはずです。

親戚一同が親睦を深める、良い機会にもなりますよ ^^

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加