お爺ちゃんお婆ちゃんをお祝いしよう!銀婚式や金婚式とは?

スポンサードリンク

わたしの実家の庭には、

両親の結婚記念樹が植えてあります。

ですが、わたしも含めた兄弟誰も、

具体的な日付は把握していない。。。

結婚記念日は、夫婦二人のもの、

という勝手なイメージがありました。

でも私も、一度は結婚しましたので、^^;

大きな節目には、子どもからのお祝いも、

してあげた方が喜ばれるかな〜

と、最近になって考えています。

スポンサードリンク

一般的に結婚記念日はいつの認識?

結婚記念日をいつととらえるか?は、

人によって違いますよね。

婚姻届を届け出た日を結婚記念日にする人。

結婚式を挙げた日を、結婚記念日とする人。

だいたいは、この二つに別れます。

最近は、結婚式を上げないカップルだけじゃなく、

婚姻の届けをしない形などもありますので、

そんなカップルは分かりやすいですよね。

もともと結婚記念日とは、西欧で始まった風習。

夫から妻へ、結婚記念日の名称にちなんだプレゼントを贈ります。

発祥地であるイギリスでは、15年目までは1年単位、

16年目以降は、5年単位でお祝いします。

日本でも祝うようになったのは、明治27年、

明治天皇の「大婚25年祝典」が始まりとされています。

いくつもの記念日がある中で、

結婚25年目の銀婚式、

50年目の金婚式を盛大に祝うようになったのは、

明治天皇の銀婚式がきっかけ。

私が記憶に残っているのは、かつてCMで視た、

結婚10年目に贈る、スウィートテンダイヤモンドかな〜。

正式には錫婚式と言うのですが、

夫婦が錫のように美しく、そして清らかで柔らかく・・・

という意味なので、ダイヤモンドではではないんです。

ダイヤモンドのイメージが定着したのは、

この宝石業界のの販売戦略。

当時のCMからなので、

完全に日本オリジナルの風習なんですね。

銀婚式と銀婚式、それぞれの意味



銀婚式は、25年を一つの区切りとして挙げられます。

これまでいろいろな苦労もあったでしょうが、

仲睦まじく過ごせたことに感謝し、

いぶし銀のように美しさで輝いている夫婦の充実した生活を祝う・・・

というお祝い。

金婚式は、50年という半世紀もの間添い遂げてきた幸せと、

夫婦で手を取り合って過ごして来た日々を振り返り、

金色のごとく輝いた夫婦の結婚生活を祝う・・・

という催し物です。

結婚記念日の名称は、年が進むにつれて

  • 1年目の「紙」
  • 2年目の「藁」「綿」
  • 3年目の「革」

など、やわらかいものから始まり、

やがて

  • 15年目の「水晶」
  • 25年目の「銀」
  • 50年目の「金」

など、硬いものに変わっていきます。

これは、結婚記念日を迎えていくごとに

夫婦の絆が深まっていく過程を表している、

と言えますよね。

銀婚式と金婚式の祝い方


金婚式のお祝い

結婚記念日の名称には、宝石が多く使われています。

そして夫から妻へ、その年の名称にちなんだ宝石を贈ることが多い。

でも今は、二人で記念日を祝う気持ちが大切にされていますので、

妻から夫へプレゼントをする例も増えてきています。

銀婚式には、

銀のスプーンや銀のアクセサリーなど

銀にちなんだ銀製品を贈ることが一般的です。

夫婦でディナーに出かけるなど、

夫婦が主体でお祝いすることが多くあるのですが、

結婚25年ともなると、子育てから手が離れていることもあって、

子から親へプレゼントを贈ることも増えてきています。

銀婚式の場合、まだ社会人になったばかりであったり、

学生であったり、という場合も多いです。

自由に使えるお金が少ない場合には、

負担がかからない程度のペアグラスなどでもかまいません。

「これからも二人仲良く過ごしてください」

という気持ちが伝わるプレゼントなら、

何でも良いのではないかと思います。

金婚式ともなると、夫婦二人というよりも、

子どもや孫、または友人知人がパーティを開いてくれることも

多いのではないでしょうか。

プレゼントは、金にちなんだアクセサリーなどが定番だと思います。

  • 夫婦の思い出の曲のオルゴールにメッセージを添えたもの
  • 名前や記念日が刻まれている夫婦茶碗
  • 二人の歴史に敬意を表して時計

などの、記念品を贈る人も多いです。

銀婚式や金婚式などの大きな節目になくても、

結婚記念日には、お花くらいは贈ろうかな~

なんて気持ちに、わたしもなりました ^^

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です