あなたはちゃんと気づいてる?飼い犬の夏バテ症状や対策!

スポンサードリンク

夏がやって来ますねっ!

暑い夏ですが、楽しい事がたくさん待っています。

バーベキューや海水浴、などなど・・・

でも、楽しい事のほとんどが、

屋外での遊び。

太陽で照らされていると、

どれだけ楽しくても、体力を奪われてしまいます。

油断していると、すぐに夏バテしてしまいますよね。

スポンサードリンク

飼い犬の夏バテ

夏バテをするのは、人だけではありません。

犬や猫などの動物も、夏バテになってしまいます。

特に注意しなければいけないのは、

都会の一人暮らしで、犬を飼っている場合。

出かける直前に、不安になる事ってありませんか?

「わたしのいない間に、ワンちゃんが暑さで苦しんでたらどうしよう・・・」

毎日、仕事や学校には行かなければいけません。

けれど、どれだけ大切でも、犬を連れて行くことは出来ません。

昼間は、あなたは家にいないので、

室内がどれくらい暑くなっているのか?

気付いてあげる事はできません。

実は犬は、暑さにとっても弱いと言われています。

そして日本の夏は、暑いだけではありません。

湿度もかなり高いですよね。

私たち人間のみならず、犬も熱中症になりやすいんです。

夏バテでどんな症状が出るの?


夏バテで寝る犬

犬や動物は、人間より身体が丈夫。

だから暑さにも強いだろう。

もしそう思っているなら、間違っているのでやめましょう。

先ほどもお話ししましたが、

犬はとっても暑さに弱い生き物なのです。

全身が毛に覆われているので、

常に毛皮を着ているようなもの。

夏の猛暑の中で、毛皮のコートを着て外出する事を

想像してみてください。

とても耐えられませんよね。。。^^;

散歩の時に、少し様子に注意してみてください。

もしかしたら、今までは気づいていなかっただけで、

熱中症の症状が表れているかもしれません。

いつもより歩くスピードが遅くなって、

何度も立ち止まってしまう。

こういった場合、熱中症の前兆の可能性があります。

室内に飼っている犬の場合、

散歩に出るのを嫌がるようになっていませんか?

数日経っても散歩に行きたがらず、

食事も半分以上、残してしまう。

このような行動の場合も、ほぼ間違いなく夏バテでしょう。

重度の夏バテになると、名前を読んでも反応がなくなったり、

下痢や嘔吐を繰り返したり。

かなり危険な状態になる事もあるんです。

ワンちゃんの夏バテ予防方法や対策


犬の夏バテ予防法

大切な飼い犬を、熱中症から守ってあげるには、

どんな予防や対策が必要なんでしょうか??

まずはちゃんと、昼間の室温管理をしてあげましょう。

仕事に行っている場合、誰もいない部屋でクーラーを付けているのは

少し気がとがめるかもしれません。

でも何よりも大切なのは、あなたの大切なワンちゃんの健康。

健康に変えられるものは、何もありません。

そして次は、お散歩に行く時間を変えること。

朝晩の涼しい時間にしたり、

少し天気が良くない日に散歩に行ってみたり。

思い切っていつもと違う時間に、

数日間お散歩をお休みしてみると、

少しずつ、散歩に行きたい気持ちが戻ってきます。

もしもお散歩中に、ワンちゃんの症状がおかしくなった場合には

スポーツドリンクを飲ませるのも、応急処置として有効です。

人間と同じで、暑くなってしまった体を保冷剤で冷やしたり、

冷たい水を掛けてあげる事も効果的ですよ。

室温管理や、散歩の時間調整はちゃんとした。

でも、数日経ってもなかなか食欲に変化がなく、

散歩を嫌がる程度の場合には、

水分をたっぷり取らせてみましょう。

実は、脱水症状が影響している可能性もあります。

それでもなかなか、食欲が回復してこなければ、

獣医さんに診せる事が大切です。

犬はあなたに、言葉で症状を伝える事ができません。

「飼い主だから、私はなんでも分かる!」

と思い込まずに、ちゃんとプロに診てもらう事が、

早い回復に繋がります。

まとめ


元気に回復した犬

最近の日本は、本当に暑い!

私たち人間でも、なかなか自分お体調管理が難しくなってきています。

最高気温も、どんどん更新中ですし、

最近の日本は、熱帯化しているとも言われています。

ゲリラ豪雨が、その象徴ですよね。

しかもワンちゃんたちは、私たち人間よりも、

地面に近いところにいます。

都会のコンクリートジャングル、アスファルトからの照り返しが

すごい事になっているはず。

かけがえのない、あなたの大切なわんちゃん。

頑張って、夏の暑さからちゃんと守ってあげましょうね!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加