大人とは違う乳児の熱中症の症状!対策や処置方法とは!

スポンサードリンク

猛暑が続く、近年の夏。

容赦なく照らしてくる太陽。

海や山など、楽しみがたくさんある夏ですが、

やはり太陽には体力を奪われてしまいます。

スポンサードリンク

赤ちゃんと過ごす初めての夏

大人でさえ、身体に異変を感じる事がある、日本の暑い夏。

長い間外にいるなど、夏の暑い時期には

体調を崩しやすいですよね。

しかも赤ちゃんとなれば、なおさら注意をしなければいけません。

赤ちゃんは、自分で体調を説明できない分、

両親が気に掛けてあげる必要があります。

もし赤ちゃんが熱中症になった場合には、

どのような症状が出るのでしょうか。

どんな対策方法があるのか?ご存知ですか?

赤ちゃんの熱中症の症状とは?


毛布に包まる赤ちゃん

乳児は、大人と比べて身体も小さく、

体温調整機能も未熟。

ですので、少し暑くなるだけで、

あっという間に熱中症になってしまいます。

ちょっとした事で、重症化して命に関わる事もあるので、

炎天下や暑い室内では、赤ちゃんの様子を特に気に掛けてあげましょう。

  • 顔が赤く、身体が熱い
  • 顔色が悪かったり、青ざめている
  • 呼吸が速くなり苦しそう
  • 泣く事もなくぐったりしている

もし、このような症状が見られる場合、

熱中症の可能性があります。

また、名前を呼んでも反応がなくなったり、

痙攣を起こしている場合は、

緊急事態です!!

すぐに救急車を呼びましょう!

熱中症対策や、処置方法とは?


体調が悪い赤ちゃん

意識があって症状が軽い場合は、

すぐに涼しい所に移動しましょう。

そして、服を脱がせて、

体内にこもった熱を逃がしてあげましょう。

足の下に丸めたバスタオルなどを入れて、

頭を低くしてあげる事も大切です。

頭やワキの下を冷却シートなどで冷やして、

水分をたっぷりと与えましょう。

ケーキやアイスクリームを買った時に、

小さな保冷剤がついてくる事がありますよね?

これらの保冷剤は、手軽で使い勝手が良いので、

普段から取っておきましょう。

冷蔵庫の隅の方に置いておくだけで良いですよ。

ただ、先ほども言いましたが、

痙攣や意識がないなど緊急の場合は、

すぐにでも救急車を呼んで、指示を仰ぎましょう。

素人判断では危険です。

そして、赤ちゃんが熱中症にならないための対策方法としては、

夏のお出掛けの際には、なるべく直射日光を避ける事も大切です。

また、ベビーカーに付けれる冷却材なども販売されているので、

有効に活用しましょう。

他にも、水分補給をこまめにすることが大切です。

外出が長引いてしまう場合には、

百円均一などで、保冷用の発泡スチロールを購入して、

冷却材や保冷剤、水などを持参するのも良いですね。

赤ちゃんは、私たち大人と比べると

新陳代謝が活発。

ですので、ミルクなどだけでは、

イオンが足りなくなってしまう事もあります。

赤ちゃん用のイオンを補給できる飲み物を

持ち運んで与えるのも、有効な対策ですよ。

あと、忘れがちなのは汗対策。

汗を放置しておくと、熱がこもってしまいます。

肌触りの良いタオルや、赤ちゃん用のウェットティッシュなどで

出来るだけ、こまめに汗を拭いてあげましょう。

まとめ


熟睡する赤ちゃん

大切な赤ちゃんの体調管理。

夏場は特に、気を使う事も多いと思います。

定期的な水分補給や、涼しい環境を作ってあげる。

直射日光を避けたり、出来るだけ汗を拭き取ってあげるなど、

こまめなケアが大切です。

私たち大人の基準ではなく、

赤ちゃんの立場になって、快適に過ごせる環境作りを心掛けましょうね〜!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です