その対策は間違ってるかも!海水浴のクラゲ予防や応急処置!

スポンサードリンク

暑〜い夏。

夏休み。

楽しみが、たくさん待っていますよね。

バーベキュー。

花火大会。

海水浴などなど!

お子様と、遊びや旅行の計画を色々と立てている方も

多いのではないでしょうか?

ちなみに私は、友人との旅行グループを結成してまして、

年間の旅行や遊びの計画を、3月末に立てています(笑)

スポンサードリンク

楽しい海水浴に出かけよう!

そして夏と言えば、やっぱり海ですよね!

海水浴にお出掛けする予定の人も、多いのではないでしょうか。

お子様との海水浴。

友人や、同級生家族との旅行などなど。

楽しみが膨らんできます。

水着に浮き輪。

ゴーグルやシュノーケルなどなど。

遊ぶ準備をしている時って、

どうしてこんなにも楽しいんでしょうか(笑)

でも楽しむ為には、トラブルに合わないための準備も大切。

スマホの防水対策や、日焼け対策。

などなど、他にも色々と準備しなければならない事がありますよね。

その中でも忘れがちなのが、海にいるクラゲの存在。

クラゲに刺されたら、痛いし危険です。

クラゲに刺された事がトラウマになり、

海が苦手になってしまう子供もいるくらい。。。

楽しい海水浴。

たくさん思い出を作るためにも、

クラゲに注意して海水浴を楽しみたいですよね。

クラゲが出る時期の海水浴対策とは?


日焼け止め対策

昔から、

お盆を過ぎたらクラゲが出てくるよっ!

と言われています。

こちらの記事でもお話ししましたが、

これは、大人になってイメージするようなクラゲの状態になるのが

お盆を過ぎた頃だから。

お盆を過ぎると、プカプカとクラゲが浮いてくるからです。

出来れば、クラゲのいない時期に海に行きたい。

けれど、お盆の時期しか都合が合わない。。。

そんなあなたは、どのようなクラゲ対策を行えばよいのでしょうか?

①ウェットスーツを着る

一番効果が高いのは、ウェットスーツを着るという方法。

ウェットスーツには、下半身のみや、ハーフパンツ型などと色々ありますが、

出来れば全身を覆うウエットスーツを着るのが、一番確実な対策です。

けれど、ウエットスーツなんて持っていないし、

何よりも高い!

それに、本気すぎて、とても海水浴と言った感じはしませんよね。

そんなウェットスーツに抵抗感がある場合は、

なるべく肌を覆うようにしましょう。

水着の上からTシャツなどを着たりするのも、

対策としては効果的です。

②ワセリンを塗る

もう一つの対策としては、ワセリンを塗ること。

ワセリンを塗って、肌の表面を膜で覆うことにより

毒針が届かなくなる場合もあります。

完璧ではありませんけど。。。

日焼け止めを厚めに塗ることも、

少しは効果はありますよ。

こちらも、完璧ではありませんけど。。。

また、クラゲ除けのローションなども販売されています。

これは、ワセリンや日焼け止めよりも効果が高いので、

有効に活用したいですよね。

もしもクラゲに刺されてしまったら?


美しいクラゲ

頑張ってクラゲ対策をしていても、

もしもクラゲにさされてしまった場合。

ものスゴく痛いです!

どのような対応を取れば良いのでしょうか?

まずは、慌てないこと。

海の中で刺されてしまったら、

ほとんどの人は、焦ってしまいます。

焦って溺れてしまう可能性があるので、

出来るだけ冷静に、クラゲから逃げましょう。

そして陸地に上がったら、

  • 海水で流す
  • 刺された場所をこすらない

この二つを行いましょう。

刺された部分を海水で洗い流した後に、

触手が残っていた場合は、丁寧に取り除くこと。

「真水で洗い流したらダメなの??」

はい。ダメ。

危険です!

真水で洗ってしまうと、海水との浸透圧の差により

細胞の毒液が体内に流れ込みやすくなってしまいます。

必ず海水で洗い流すようにしましょう。

そのあと、タオルなどで拭いたりこすったりすると、

刺針が残っていた場合などは、体内に入り込んでしまう可能性があるので

絶対にやめておきましょう。

だいたいは、これくらいの対処で問題はありません。

が、お子様の場合、大人よりも身体の抵抗力がありません。

もしも、クラゲに刺された後に、

  • 痛みが引かない
  • 痛みが強くなる
  • 痺れる

などの症状が出たら、病院に行くなど早めに対処を行いましょう。

全身に症状が出る場合もありますので、危険です!

クラゲ用の薬も販売されているので、

痛みが酷い場合は、薬局の薬で処置を行いましょう。

まとめ


お盆の海水浴

楽しい夏の海水浴。

確かにクラゲは怖いです。

が、クラゲに刺されても、

ちゃんと冷静に対処をすれば、大事には至りません。

こすったりせずに、落ち着いて!

まずは海水で洗い流すことを忘れないようにしましょうね!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です