おじいちゃんが怒りっぽいのは認知症?初期症状や対策方法!

スポンサードリンク

一緒に住んでいる、大切な家族。

様子がおかしいと、不安になってしまいますよね。。。

本当は、とても優しい人なのに、

最近なんだか怒りっぽい。

もしかして、認知症の初期症状なのでは・・・?

そんな風に、不安に思う人も多いはず。

いつもと様子が違う原因が分かれば、

あなたの方でも、対応の方法が色々あると思います。

認知症なのか?

実は、ただストレスが溜まっているだけなのか??

一度ちゃんと、認知症の初期症状について知っておきましょう。

スポンサードリンク

同居している人が最近怒りっぽい

いつもは、優しくて穏やかな人なのに、

最近いらいらしていて、とても怒りっぽい。

もしかして認知症なのでは?

と、疑うようなこの症状。

これは、脳の機能が低下してしまい、

感情を抑えることが出来なくなっていることが原因。

どんなに穏やかな人でも、怒ってしまうことはあると思います。

でも、少々の嫌なことくらいだと、

その嫌な思いを表に出さず、

抑えて過ごしているはずです。

認知症の場合は、この抑えが効かなくなってしまい、

感情がすぐに前面に出てしまうんです。

とても感情が敏感になっているので、

今までは怒っていなかったようなポイントでも!

すぐに簡単に、怒りのスイッチが入ってしまうようになってしまうんです。

なので、同居しているおじいちゃんが

急に怒りっぽくなったり、イライラしているように

感じ始めてしまうんです。

また、脳の機能が衰えてくると

今まで通りに物事を理解することが

できなくなってしまいます。

そのことに対する不安や苛立ちが多くなってしまいます。

何も分からないと不安に思ったり、

恐怖に感じたりして。

さらにイライラが積もってしまう。。。

そんな中で、誰かに怒られたりすると

暴力を奮ってしまう場合も出てきてしまう。。。

認知症は、アルツハイマーだけではありません。

認知症は、タイプ別でそれぞれ、

障害が起きている脳の部分が異なってきます。

前頭側頭型認知症と言われる、

頭の前と横の脳に萎縮が出るタイプの症状の場合。

今までは穏やかだったのに、人が変わったように

急に怒りっぽくなってしまうこともあります。

また、レビー小体型認知症という症状の場合、

幻覚などが見えてしまい、暴力に繋がる事もあるんです。

認知症という病気のせいで、

人格が変わってしまう。

悲しい事ですが、当人には責任は無いんです。

初期症状が分かったときの対処法


認知症のおじいちゃん

では、同居しているおじいちゃんやおばあちゃんに、

このような症状が見えた場合。

周囲の人は、その人に対してどのように接すれば良いのでしょう?

まず一番大切なことは、原因を理解するという事。

同居している大切な人を

きちんと理解して接していく、という事が重要です。

認知症になった人は、

決して周りの人をわざと困らせようとしている訳ではありません。

物を盗まれたという妄想などから

ひどい暴言を発してしまうこともあるんです。

暴言や暴力には、対抗したりせずに

様子をみることが大切です。

興奮状態の中で何を言っても伝わりません。

また自尊心を傷つけてしまうような発言にも、

気をつける必要があります。

理解できずに、苦しんでいるのは本人だということを

説明する側も分かっておくのが大切です。

その他の認知症の初期症状


認知症の回復

他にも、冷蔵庫の中にいくつも同じものがあったり、

最近のことは忘れても昔のことは鮮明に覚えていたり。

また、約束の場所にはいけても、

時間が曖昧、まったく違う日に行ってしまったり。

いつもと様子が違うかな?

何か変だな~。

と思ったら、少しでも早めに対応をとりましょう。

認知症は、恥ずかしい事ではありません。

誰でもなってしまう可能性がある病気です。

変にプライドを出してしまって隠してしまったり、

意固地になって、病院に行かなせかったりすると、

どんどん悪化してしまいます。

まずは、周囲の人が症状をよく理解して接することが、

何より大切だと思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加